【急患対応】お急ぎの方は048-934-9804まで!

親知らず

親知らずが生えない人がいるのはなぜか?

親知らずが生えない人がいるのはなぜか?

親知らずは、正式には第三大臼歯といい、口の中で最も奥の方に生える歯です。現代人の骨格の変化により、親知らずはまっすぐ生えてこないケースが増えています。親知らずがまっすぐ生えてこないと、お口の中でいろいろな悪影響を及ぼします。

例えば、歯茎を腫らせたり、強い痛みを生じることもあります。また、逆に親知らずが生えてこない人もいます。皆さんの周りにも親知らずが生えている人と生えていない人がいるかと思います。 ここでは、親知らずの特徴、親知らずが生える人と生えない人がいる理由や、親知らずの治療の必要性の有無について解説していきたいと思います。

親知らずは不用な歯?

親知らずは、18歳~20歳前後で生えてくることが多く、少し特殊な歯といえます。というのも、その他の歯は、16歳くらいまでには全て生え揃いますし、この時点で永久歯列は完成したともいえるからです。

私たちは合計28本の永久歯で、ものをきちんと噛むことが可能です。では、その後追加される4本の親知らずは、何のために生えてくるのか疑問に感じたことはありませんか。また、生えてこない人がいるのはなぜなのか考えたことはありませんか。

「親知らずが生えてこない」には2通りの意味がある

「親知らずが生えてこない」には2通りの意味がある

「親知らずが生えてこない」という言葉には、2つの意味があります。

1つは、その他の歯のように、お口の中に目に見える形で生えてくるかどうかです。これは肉眼で確認できますので、歯科に行かずとも、親知らずの有無を知ることはできます。

もう1つは、肉眼では確認できないけれども、歯茎の中に埋まっている親知らずも存在します。

これは後々生えてくる可能性がある親知らずであり、歯科医院でレントゲン撮影をすることで初めて確認できます。ただ、レントゲンで撮影しても、親知らずが全く存在していないケースもあり、これがもう1つの「親知らずが生えてこない」という意味にあたります。

ちなみに、正常な形で生えている親知らずは、噛み合わせにも参加しますので、生えてくる意味はあるといえます。

スペース不足で親知らずが生えてこない

まずはじめに、お口の中に親知らずが生えてこない理由についてですが、これは顎の骨の大きさ、形が大きく影響しています。

現代人、特に日本人の顎は小さく、細くなる傾向が見られ、32本の歯全て並べるだけのスペースを確保しにくいのです。ですから、順番的に最後に生えてくる親知らずがそのしわ寄せを受けることとなります。

具体的には、歯茎の中には存在しているけれども、口腔内に頭を出すことができない状態です。それでも無理に生えてこようとする親知らずは、斜めに生えるたり、半分だけ頭を出したりするのです。

遺伝によって歯の卵が発生しないため親知らずが生えてこない

次に、歯茎の中にも生えていない親知らずについてですが、これは遺伝による影響が強いといえます。

私たちの歯は、歯胚(しはい)と呼ばれる歯の卵の状態で顎骨の中に発生します。歯胚が徐々に成長していって、正常な永久歯の形に変化していくのです。歯胚の数は、生まれた時からほぼ決まっていますので、親からの遺伝と考えて良いでしょう。ですので、歯茎の中にも親知らずが生えてこないというケースは、もともとそういう体質であるとお考え下さい。

治療の必要性は歯科医にしか判断できない

痛みや腫れを引き起こす親知らずは、当然のことながら治療を施す必要があります。放置すると歯周囲炎などの病気を引き起こしますので、早急に歯科を受診しましょう。

一方、無症状の親知らずでも、場合によっては治療が必要になることもあります。

親知らずが斜めや横に生えている場合は、磨きにくく虫歯や歯周病を誘発するリスクが高いです。また、歯茎の中に埋まっている親知らずも、隣の歯を圧迫しているような状態であれば、抜歯の対象となります。

治療が必要かどうかは、専門家である歯科医にしか判断できませんので、まずは歯科医院を訪れることをお勧めします。自分の親知らずがどのように生えているのか、あるいは生えていないのかを知っておくだけでも非常に有益であるといえます。

関連記事