【急患対応】お急ぎの方は048-934-9804まで!

 

2023年12月1日から「PEEK冠」という奥歯の白い歯が新しく保険適用となりました。これまでは保険適用外だった前から7・8番目の歯まで、白い人工歯で治療できることになったため、保険診療で銀歯を選択する必要性も大きく低下したといえます。ここではそんなPEEK冠の特徴や従来の保険の白い歯との違いなどを谷塚駅前のハーツデンタルクリニックがわかりやすく説明します。

 

すべての部位を保険の白い歯で治療可能に!

すべての部位を保険の白い歯で治療可能に!

 

今回、PEEK冠が新しく保険適用されたことで、親知らずを含めたすべての歯を保険の白い歯で治療できるようになりました。これは歯科治療においてとても画期的なことなので、皆さんもその変更点を正確に理解しておくようにしましょう。

 

そもそもPEEK冠とは?

多くの人はまず「PEEK冠」という名前を初めて耳にするかと思います。PEEK冠とは、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)で作られた被せ物です。ざっくり説明するとプラスチックで作られた被せ物なので、従来から保険適用されている「CAD/CAM冠」とは原材料が異なります。そのためいくつかの点で性質も異なりますのでご注意ください。

 

少しややこしいのですが、PEEK冠もCAD/CAM冠と同じように、「CAD/CAM」というシステムを使って製作します。ですから、素材に違いがあるという点は、正しく理解しておいてください。

 

PEEK冠のメリット・デメリット

 

従来のCAD/CAM冠と比較した場合、PEEK冠には次に挙げるようなメリットとデメリットが見られます。

 

メリット

7・8番にも適応できる

PEEK冠の最大のメリットは、第一大臼歯である6番だけでなく、第二大臼歯(7番)と第三大臼歯(8番)にも使えるという点です。従来の保険のルールでは、特別な理由がない限り、7番と8番の被せ物は銀歯で作らなければなりませんでした。それがPEEK冠に保険が適用されたことで、すべての部位を白い歯で治療できるようになったのです。

たわみやすくて破折しにくい

従来のCAD/CAM冠は、レジンとセラミックの混合材料で作られているため、強い圧力がかかると割れてしまうことありました。PEEK冠はプラスチック材料で作られていることから、たわみやすく割れにくいという性質があります。その結果、装置の寿命も長くなりやすいというメリットが得られます。

 

歯を削る量が少ない

たわみやすくて破折しにくいということは、従来のCAD/CAM冠よりも薄く作れることを意味します。歯を削る量も少なく済むため、天然歯にやさしい歯科材料といえるでしょう。

 

デメリット

審美性に劣る

PEEK冠の材料となるPEEKブロックは、アイボリー色をしています。現物を見るとわかりますが、従来のCAD/CAM冠よりも色がやや不自然です。奥歯はもともと目立ちにくい部位なので、それほど気にならないという方もいらっしゃるかと思いますが、審美面においては従来のCAD/CAM冠より劣ります。

 

摩耗や変色が起こりやすい

従来のCAD/CAM冠もどちらかというとプラスチック材料に近いのですが、PEEK冠と比較した場合は、安定性にやや優れているといえます。そのため完全なプラスチックともいえるPEEK冠は、従来のCAD/CAM冠よりも経年的な摩耗や変色が起こりやすくなっているのです。

 

これでもう自由診療を選ぶ必要はない?

これでもう自由診療を選ぶ必要はない?

 

これまでは、7~8番を銀歯ではなく白い歯で治療する場合、自由診療を選択しなければなりませんでした。保険診療と自由診療とでは、実際に支払う医療費の額が大きく異なるため、泣く泣く銀歯を選んでいた方もいらっしゃることでしょう。そういう意味では奥歯の被せ物治療で自由診療を選択する機会は間違いなく減少することでしょう。

 

ただし、PEEK冠や従来のCAD/CAM冠は、歯科用プラスチックであるレジンをベースに作られた被せ物です。自由診療で作ることができるセラミッククラウンとは、さまざまな点で異なることを忘れてはいけません。そこで保険診療の白い奥歯と自由診療のセラミッククラウンとの違いについても後段で簡単に説明しておきます。

 

保険の白い奥歯とセラミッククラウンの違い

 

保険の白い奥歯とセラミッククラウンには、次に挙げるような違いが見られます。

 

違い1:審美性

保険の白い奥歯は、ブロック状の材料を削り出す形で作られるため、色調が均一です。とくにPEEK冠はアイボリー色をしているため、天然歯の色調や光沢、透明感を忠実に再現できるセラミッククラウンと比較すると審美性に劣ります。

 

違い2:耐久性

上でも説明したように、PEEK冠やCAD/CAM冠は主にプラスチックで構成されており、経年的な摩耗や変色が起こりやすいです。セラミックは安定性や耐久性に優れた材料なので、長い期間使用しても劣化しにくいといえます。経年的な劣化は、見た目を悪くするだけでなく、噛み合わせにも悪い変化をもたらします。

 

違い3:適合性

プラスチック製の被せ物は、セラミック製の被せ物よりも歯質との適合が悪いです。細菌が侵入する隙間が生じやすいことから、虫歯の再発リスクはセラミッククラウンより高くなっています。

 

まとめ

 

このように、PEEK冠の保険適用によって、すべての部位を白い被せ物で安く治療できるようになりました。これは被せ物治療において、経済面を第一に考えている方にとっては極めて大きな改定となります。ただし、本文でもお伝えした通り、PEEK冠や従来のCAD/CAM冠はあくまでプラスチック素材であるため、自由診療のセラミッククラウンと比較すると、審美面・機能面・耐久面において劣るといわざるを得えないのが現実です。

 

奥歯の被せ物治療を検討する際には、その点も踏まえる必要があるといえます。