【急患対応】お急ぎの方は048-934-9804まで!

口臭

睡眠時の口臭の予防は起床時(朝)の口臭を予防することにつながるのか?

医療法人社団ハーツデンタルクリニック 院長(歯科医師、歯学博士)監修
監修者 歯科医師 永橋克史
ハーツデンタルクリニック西白井駅前の院長。城西歯科大学(現 明海大学)卒業。仕事でうれしい時は思うような治療ができ、患者様に喜ばれ、お礼を言われたとき。
ハーツデンタルクリニック西白井駅前
監修者 歯学博士 高田耕司
日本歯科麻酔学会認定医、歯学博士。麻酔での無痛治療を得意としている。
ハーツデンタルクリニック八千代中央駅前
監修者 歯学博士 加瀬武士
ハーツデンタルクリニック谷塚駅前の院長。日本大学歯学部歯学科卒業。補綴学を専門分野としている。
ハーツデンタルクリニック谷塚駅前

睡眠時の口臭の予防は起床時(朝)の口臭を予防することにつながるのか?

朝起きた時に、自分の口臭が気になるという方は多いことかと思います。これはある意味仕方のないとで、基本的に誰にでも起こり得る現象といえます。それでもやはり、睡眠時や起床時の口臭というのはできる限り抑えたいものですよね。ここでは、睡眠時の口臭予防の方法や、それが起床時の口臭予防にもつながるのかについても詳しく解説します。

口臭は誰にでもあるもの

口臭は誰にでもあるもの

程度の差はありますが、どんな人にも必ず口臭というものがあります。なぜなら口腔内というのは常に外気に触れる場所であるだけでなく、食事の際に様々な食物が通過する場所でもあるため、どうしても臭いというもの切り離すことができないのです。

また、口腔内に生息している常在菌の数は非常に多く、これをゼロにすることは基本的に不可能なのです。ですからまず、口臭というのは誰にでも生じうるものだということを知っておきましょう。

起床時の口臭はどこから来るのか

一日に中でも起床時に最も強い口臭を感じる方も珍しくはないかと思います。夜眠る前に歯を磨いたのに、どうして朝起きたら口臭が発生しているのか、不思議に思われるかもしれませんね。そうした起床時の口臭というのは、睡眠時の口臭とも深いつながりがあります。

つまり、起床時の口臭は眠っている間に発生しているのです。

睡眠時に口臭が発生するメカニズム

睡眠時に口臭が発生するメカニズムは、日常生活で口臭が生じるメカニズムと基本的に同じです。つまり、大元の原因は細菌の増殖です。

口腔内で細菌が増殖することにより、食べかすなどを発酵させてニオイを発生させるようになるのです。

睡眠時の口臭を予防する方法

睡眠時の口臭を予防する方法

眠る前に歯磨きをする

睡眠時の口臭を予防する方法として第一に挙げられるのが、就寝前の歯磨きです。就寝前にきちんと歯磨きをすることで、睡眠時の口臭はかなり抑えることができます。これは歯磨きによって、口腔内の食物残渣プラークといった、細菌増殖に必要なものが除去されるからです。そのため細菌はなかなか増殖することができず、口腔内から悪臭が放たれることも少なくなるのです。

もちろん、眠る前に歯磨きをすることで、細菌自体もある程度除去されます。

口内の乾燥を防ぐ

口内が乾燥すると、口臭が発生しやすくなります。

これは唾液による自浄作用が妨げられ、口内の細菌が繁殖しやすい環境が整ってしまうからです。例えば、慢性的なドライマウスに悩まされている方も、日頃から強い口臭を自覚していることが多いです。ですので、睡眠中に口内が乾燥するのを防ぐことができれば、自ずと口臭の予防にもつながっていくのです。具体的には、口呼吸ではなく鼻呼吸をすることで、口内の乾燥を防ぐことができます。

ただ、睡眠時の呼吸法というのは、自分自身でコントロールしにくいものですので、日頃から鼻呼吸を意識することで、徐々に改善していくことをお勧めします。あるいは、睡眠時にマスクを着用することで、口内の湿度を保つという方法も考えられます。

舌の清掃を念入りに行う

口臭の原因というと、歯に付着した歯垢や歯石ばかりに目がいきがちですが、実は舌の上に付着した汚れも立派な口臭の原因となります。いわゆる舌苔と呼ばれるものです。舌苔には歯垢と同じような成分が含まれていますので、口臭の原因となり得るのです。

ですので、眠る前には、舌の表面に付着した汚れを念入りに取り除くことで、睡眠時や起床時の口臭を予防することができるのです。

まとめ

このように睡眠時の口臭はその原因を知ることで、ある程度予防することができます。就寝前の歯磨きを徹底することや、睡眠中の口内乾燥を防ぐだけでも口臭はかなり改善されることでしょう。

同時にそれは、起床時の不快な口臭予防にもつながりますので、睡眠時の口臭を予防することは非常に有意義なことといえるでしょう。さらにいえば、口臭予防は虫歯菌や歯周病菌の繁殖を抑えることとほぼ同じ意味ですので、そうした病気を予防することにもつながるのです。

関連記事