部分入れ歯をつくろうとしている方必見!
―つくる前に知っておきたいこと―

入れ歯をつくるときの注意点

入れ歯をつくる上で大切なことは、簡単に言うと入れ歯が「動かない」ことです。

 

入れ歯を使っていて動かないようにするためには、型取りの前に様々な下準備が必要となります。この下準備を怠ると、せっかく入れ歯をつくっても、痛くて噛めなかったり、入れ歯がすぐ外れてしまうなどのトラブルが生じます。

 

さらには、合っていない入れ歯を使い続けることで、残っている歯に負担をかけたり、下顎の骨が吸収されてしまうなど、口腔内の状況がさらに悪化する場合もあります。そのためにも、お口にしっかりと合った「動かない」入れ歯をつくる必要があるのです。

 

ブリッジやインプラントとの違いは?

 

永久歯が失われたあとの治療である欠損補綴治療と呼ばれるものには、部分入れ歯のほかにブリッジやインプラントがあります。簡単に3つについて説明しましょう。

 

部分入れ歯:入れ歯は歯が多数欠損した場合や、両隣に支えとなる歯が無い場合(奥歯など)に行う治療法で、周りの歯にバネをかけて入れるものを部分入れ歯と呼びます。金属部分が目立つこともありますが、保険適用で安い値段で実施可能です。歯を削る量が少なくすみ、取り外しができて洗えるため衛生的でるというメリットもあります。

 

ブリッジ:失った本数が1〜2本の場合に行う治療法で、歯の無い部分を補うために両隣の歯を削り、連結した人工歯でブリッジをかけます。材質にこだわらなければ保険適用内で安い値段でできますが、見た目は、部位によっては金属になります。また、ブリッジは、虫歯になりやすく、そうなった場合には、やり直しが必要になってきます。

 

インプラント:歯の無い部分に人工の歯根を埋める治療方法で、チタン製の人工歯根と骨が結合するので天然の歯と変わらずに噛むことができます。ただし、土台となる部分の骨についてインプラントを挿入できる厚さと高さが必要で、それが無い場合にはインプラントはできません。また、保険適用ではないので値段も高額になります。

 

このように、部分入れ歯、ブリッジそしてインプラントには、それぞれ利点と欠点があるので、自分に適したものを選ぶことが大切です。

目立たない部分入れ歯の方法はあるの?

 

入れ歯というと、お年寄りがされているイメージがありますが、実際には若い方の中にも入れ歯を使っている方が大勢います。若い方、しかも女性なら「入れ歯」をしなければならない状況になっていちばん気になるのが見た目でしょう。

 

入れ歯をつくる際、残っている歯に針金のようなバネを引っかけて入れ歯を安定させますが、このバネ部分(クラスプ)が金属製の場合には、どうしても見た目が悪くなってしまいます(ただし、保険適用なので安い値段でできます)。

 

ただ、今では保険適用外であれば、部分入れ歯の種類は多彩で、さまざまな材質のクラスプもあるので、目立たない部分入れ歯も可能です。予算と自分がどう見えたいかを歯科医師と相談し、納得の上で部分入れ歯の種類や材質を決めると良いでしょう。

 

メンテナンスは怠らずに!

部分入れ歯をした場合には、3ヵ月に一度は、歯科医院へメンテナンスに通いましょう。
歯や歯ぐきの状態とともに、入れ歯をチェックしてもらうことで、お口の健康を長く安定した状態に保つことができます。

 

歯が無くなったらすぐに対策を!

歯が無いまま放置していると、口腔機能の問題だけではなく、全身的な問題へとつながってしまう恐れもあるので、歯が無くなるとわかったら、できるだけ早くどのような対処をするのかを歯科医師と相談してください。

 

ハーツデンタルクリニック谷塚駅前(歯科医院)

院長 加瀬 武士(かせ たけし)
補綴学を専門分野としており、『磁性アタッチメントを用いたパーシャルデンチャー』は優位性のある専門部分のひとつである。歯学博士でもある。
経歴 平成19年4月 日本大学歯学部歯学科入学
平成25年3月 日本大学歯学部歯学科卒業
平成25年4月 日本大学歯学部付属歯科病院総合診療科 採用
平成26年3月 同上修了
平成26年4月 医療法人社団ハーツデンタルクリニック 勤務
平成28年4月 日本大学大学院歯学研究科歯学専攻入学
令和 2年3月 日本大学大学院歯学研究科歯学専攻修了
所属学会
一般社団法人日本磁気歯科学会、一般社団法人日本顎顔面補綴学会、公益財団法人日本補綴歯科学会
取得資格
歯学博士