治療が怖い方へ

静脈内鎮静法は、精神安定剤を静脈に点滴していく方法です。
点滴を始めると、間もなくリラックスした状態になってきます。体が温かくなってきて、ちょうどいい湯加減の温泉につかっているような、あるいは、快適なベッドの中でぬくぬくとまどろんでいるような感じになります。
その後、1~2分もすると眠気が強くなってきて、ついには眠ってしまいます。ゲストによって、あるいは状況によっては意識を残すこともありますが、声をかけられればちゃんと反応します。うとうと眠ってはいるけれど、答えることができるというわけです。

こんな方にお勧め

・お口の中の手術を受ける方(インプラント・親知らずの抜歯・歯周病の手術など)
・歯科治療が嫌いな方
・歯科治療中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしたりしたことのある方
・お口の中に物が入ると「オエッ」となる嘔吐反射の強い方
・リラックスして歯科治療を受けたい方

治療の流れ

1. 静脈から点滴をします
まず静脈から点滴をします。場所は主に腕ですが、ゲストによっては手の甲など他の部分にすることもあります

2. 点滴がスムーズにいっていることを確認できた時点で、精神安定剤を注入します
精神安定剤の量はゲストの様子を見ながら調節します。

3. 必要に応じて局所麻酔を行います
この静脈内鎮静法は、麻酔方法としては不十分なため、必要に応じて別に局所麻酔を行います。しかしその際に痛みを感じることもほとんどなく、あったとしても覚えていないことがほとんどなので、麻酔の恐怖を感じることはありません。

治療がスタートした後も、ゲストの心拍や血圧などのデータをリアルタイムに確認しながら、万一の場合に備えます。たとえゲストの状態が急変しても、対応できるような準備を万全にしております。

注意事項

・術後には眠気やふらつきなどが生じますので、通常の状態に戻るまではクリニックでゆっくり休んでいただくようにします。
・術後の車や自転車の運転は禁止です。また、付添者と一緒に帰宅され得るのが望ましいです。

全身麻酔に比べずっと安全性も高く、一度治療を受けた方の多くは再び静脈内鎮静法を希望するとも言われています。歯科治療に付きまとうマイナスイメージを払拭できる施術方法として今後さらに注目を集めることでしょう。

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談
虫歯・矯正・歯槽膿漏・義歯・口の痛みから、
インプラントや歯石取りまで、歯のことなら、お任せください!

・治療前にしっかりお悩みを伺います。
・おひとりおひとりに合わせた治療を。
・今だけではなく、将来も楽になる治療。

お問合せ・ご予約はお気軽にこちらから

10:00~19:00 祝日お休み